【カリフォルニアディズニー・ラスベガス旅行】飛行機で行くグランドキャニオンツアー

   

今回の旅行では、ラスベガスから行くグランドキャニオンツアーにも参加しました。

 

ラスベガスから行くグランドキャニオンツアーは陸路か空路どちらかに分かれます。

陸路・空路それぞれのメリットデメリットや予約については別記事にまとめました。

【ラスベガス・ディズニー旅行】準備編 日帰りグランドキャニオンツアー選び

 

今回私たちは大手の「シーニック航空」のグランドキャニオン日帰りツアーを「ベルトラ」経由で予約しました。

 

シーニック航空のグランドキャニオン日帰りツアースケジュール

☆☆☆スケジュール☆☆☆

4:45 ホテルお迎え、車でシーニック航空専用の空港へ

6:15 セスナ機でグランドキャニオンへ出発

7:30 グランドキャニオン空港着、バスで2か所のスポットへ案内

♦マーサーポイント
♦ブライト・エンジェル・ポイント

10:55 グランドキャニオン空港発

12:00 空港着

14:15 ホテルへお送り

 

スケジュールはこんな感じで公表されていましたが、全然ずれまくりでした。笑

 

バスでお迎え・空港チェックイン

夜が明けてきたかな~~くらいの4時前に起床。

身支度を整えて、待ち合わせ場所へ。

なんとなくここかな~って感じのところで待っていたらお迎えの人が来てくれて、名前を確認して大型のバスへ乗り込みます。

シーニック航空の航空機を利用するいろんなツアーの乗合いバスのようで、たくさん人が乗ってましたが、日本人は私たちオンリー。

(今回はゴールデンウィーク明けでどこにいっても日本人が少なかったです。)

 

1時間ほどバスに揺られ、ボルダーシティ空港に到着です。

飛行機にチェックインするためにカウンターに並ぶのですが、私たちだけ別のところに案内され~、日本語が喋れるスタッフさんがチェックインしてくれました。

ハリー杉山に似てて可愛らしかった~!!なのにタトゥーガッツリ。

 

体重を測って、チケットをいただいて、呼ばれるまで待機です。

「シルバー」「ゴールド」「ブルー」などツアーごとに色分けされていて、順番に飛行機に乗り込んでいきます。

 

遊覧ツアーとか、私たちが行くサウスリムじゃなくてノースリムのツアーとか、たっくさんのツアーがあるみたいで、なんせ時間がかかるww

私たちは「デラックスツアー」って名前だったのですがそれでも何機もあったようで待ち時間が長い長い。

 

空港にはちょっとした売店・コーヒースタンド、トイレがあります。

飛行機にトイレがないと思うと怖くて怖くて何回もトイレに行き~、前日にABCストアで購入したバナナを食べて、酔い止めを飲んでスタンバイ。

結局1時間くらい待ってようやく出発~~!!

 

出発のときに1組ずつセスナ機と一緒に写真を撮ってくれ、売りつけて販売してくれます。

空港に帰ってくると、いかにも買えよと言わんばかりに台紙を渡されます。

20$もしますが、旦那が欲しいと言ったので購入しました。そのくせ帰ってきても全く見ないという・・・。怒

 

空からアメリカの大地を眺める

セスナ機は20人乗りくらいのほんとにちっちゃい機体。

 

シートピッチも狭くて荷物を置くのもやっとなくらいだし、当然トイレもありません。

私は前から2番目だったので操縦席もガッツリ見えました。

 

どういう組み合わせなのかわかりませんが、私たちが乗った機体は韓国人がほとんどでした。

 

音声ガイドが流れるようになっていて、日本語も流してくれてたんですが、まぁ古い機体で接続が悪くて聞けたり聞けなかったり。

大体45分くらいの飛行時間で、途中コロラド川やフーバーダムなどアメリカの雄大な自然を眺められますが、まぁ~同じような景色がひたすら続くのですぐ飽きちゃいました。

前日の睡眠時間も短かったのでうとうと・・・。ほとんどの人がそんな感じでした。

 

グランドキャニオンツアーのセスナ機は揺れる??

空路の場合の一番の心配事は、飛行機の揺れだと思います。

私は乗り物酔いする体質で、以前100人乗りくらいのプロペラ機に乗った際にかなり揺れて乗り物酔いに苦しんだことがあるので、かなり心配でした。

結論から言うと、ほっとんど揺れませんでした。

もちろん当日の天候によると思いますが、早朝は風がなくて揺れが少ないという口コミを見ていて早朝のツアーにしたのですが、往路は全く揺れず、復路はところどころ短時間揺れた程度でした。

なのでやっぱり早朝のほうが揺れにくいというのは正解なのかな~と思いましたよ。

あと、睡眠と食事も大事なポイントですよね。お腹が空いていると確実に酔っちゃうので、飛行機に乗る前にバナナやお菓子を食べて酔い止めを飲みましたよ。

梅干しが酔い止めになるというのも聞いたことがあったので、乾燥梅干しも持参しました。

ツアーに悩まれている方はぜひ参考に~~。

 

地球の歴史を体感できる グランドキャニオンの絶景ポイント

グランドキャニオン空港に到着するとバスに乗り込み、さっそく一つ目の展望ポイントへ。

ここで日本語ガイドがバスに乗り、簡単に説明してくれました。他のツアーに合流するとのことですぐに行ってしまったんですけどね~。

 

10分ほどで最初のスポット・ブライトエンジェルロッジへ。

ここで簡単なお弁当をもらって、45分ほどの自由行動です。

重たいから片付けちゃおう~ということでお弁当を軽く食べてから観光。

中味はでっかいマフィン、ヨーグルト、オレンジジュース、まるごとリンゴでした。

グランドキャニオンではリスがあちらこちらにいるんですが、動物に食べ物を与えることは禁止されていて、もし見つかれば罰金なんだそう。

 

いよいよ、、、夢にまで見た景色が・・・。どーーーーん!!!

 

切り立った岩がどこまでも広がっていて同じ地球上のものとは思えないくらいの景色。

自然ってすごいな~~~~。

ここは人も少なくって、ゆったりとしていました。

何店舗かお土産屋さんもあったので、ポストカードやドリームキャッチャーを購入。

ベッドルームに飾ってます♪

 

その後はまたバスに乗り込み、次の展望スポットへ。

次はマーサーポイントというところで、グランドキャニオン国立公園の代表的なスポットです。

代表的なスポットということでたくさんの人で賑わってました。

 

最初行ったポイントよりもこちらのほうが全体が見渡せてとっても美しかったです。

ここは柵がない場所も多くて素敵な写真がたくさん撮れると思いますよ。

 

ここでも自由時間が45分ほどあったのですが、時間があっとゆーま。

 

でも同じような景色がひたすら続いているので、これくらいでも十分かな。

 

バスで空港に向かい、同じセスナ機でまたラスベガスに向けて出発です。

またウトウトしながら元の空港に無事到着です。

 

到着すると帰りのホテルを聞かれるのですが、私たちはシルクドゥソレイユ・KAの当日チケットをゲットすべく、MGMグランドで降ろしてもらいました。

 

ほんとは買い物に行く予定のタウンスクエアで降ろしてもらいたかったんですが、「No」と言われちゃいました。

 

短時間でグランドキャニオンに行けて時間がない人にはおすすめ!!

2時くらいにはラスベガスに帰ってこれたので、その後はラスベガスの観光やショッピングをガッツリ楽しめます。

 

車での日帰りツアーであればほぼ1日かかってしまうのでその日はほとんど観光できないですよね。

それを考えると、高いお金を払っても空路でのツアーはいいな~と思いました。

 

でもルート66、特にカーズの舞台になった街を見てみたかったってのもあるので、陸路は陸路で良さそう。

 

 

今回私が参加したツアーはシーニック航空でも直接予約ができますし、大手の旅行会社での申し込みなどもできるようです。

でも私が予約したベルトラは時期によっては割引価格を出していたり、予約特典があったりと何かとお得でしたよ。

覗いてみると良いオプションがあるかもしれません。



 

 

 

おすすめの記事

 - 2017 ラスベガス&カリフォルニアディズニー旅行