夏におすすめの四国の観光スポットで今しか味わえない絶景を楽しもう

      2016/07/17

ここ最近はぐんっと気温が上がって、一気に夏らしくなってきましたね。

 

お祭りや花火大会、音楽フェスなどイベントもたくさんあり、ワクワクする季節ですよね。

 

私は四国に引っ越してきて2年経ったのですが、まだまだ知らないところばかり。

いきたいところ・やりたいことがたくさんあるのですが、せっかくならこの時期にしかできないことを楽しみたい!

 

ということで、夏に行きたい観光スポットやイベントをまとめてみました。

 

おんまく花火

おんまく花火は愛媛県・今治市で開催される花火大会で、10000万発が打ち上げられる愛媛県内最大規模の花火大会です。

2016年は8月6日・7日に開催されます。

20万人もの人が見物し、今治市内の道路や公共交通機関が混雑するほど夏には欠かせない人気のイベントです。

 

おんまく花火

 

混雑を回避できる?!おんまく花火の穴場スポット

  1. 近見山展望台
    今治市内全体を眺められる場所で、地元では有名な夜景スポットです。
    大パノラマで花火を見ることができます。
  2. 市民の森・フラワーパーク
    四季を感じることのできる花々を楽しむことができるフラワーパークの展望台からも市内を一望できます。
    会場からは少し距離が離れているのですが、打ち上げ会場の真正面になっています。
  3. 海上
    道路はどこも混雑するので、おすすめなのは船。
    せとうちバスではおんまく花火鑑賞ツアーが発売されており、大人4,200円で船の上から花火大会を楽しむことができます。船は関係船しか近づけないので混雑することはなくゆったりと楽しめますよね。

 

 大洲市五郎のひまわり畑

大洲市五郎のひまわり畑は地元の農業高校の学生さんたちが中心となり丹精込めて育てられた約1万5千本のひまわりが見事に咲き誇るスポットです。映画のロケ地にもなり、地元では有名な場所なんだとか。

ひまわり畑の規模としては割と小さめなのですが、このひまわり畑があるのが赤橋の下で、ひまわりとこの赤橋のコントラストがなんとも風情があって、素敵な写真が撮れるらしいんです。

ひまわり畑

他にも春には菜の花、秋にはコスモスと四季折々の姿を見せてくれる場所で、田舎ならではのアットホームな雰囲気に癒されそうですよね。

見ごろは7月下旬~8月中旬ごろ。

場所は松山自動車道大洲ICから車で約5分ほどのところ。

 

 

日本一の激流・小歩危でラフティング

徳島県の大歩危・小歩危は吉野川の激流によって作られた8㎞にもわたる渓谷で、剣山国定公園にも含まれている美しい景観が人気の観光スポットです。

下流の小歩危は日本随一の激流で、その激流を利用したラフティングが人気です。

激しい落差やボートごとのまれてしまいそうな大波はスリル満点。

水しぶきをいっぱい浴びて、夏の暑さを吹き飛ばしたい!!ぜひ体験したいです^^

p123451-2016

 

 

秘境感あふれる「にこ淵」

高知県いの町にあるこのスポットは、日本一の清流といわれる仁淀川の上流近くにあります。

美しいエメラルドブルーが「仁淀ブルー」とも称される、透明度が高く美しい滝壺です。

にこ淵

この美しさをずっと残したいという想いから、あえて観光地化されておらず、ここに行くには険しい崖を降りていかなければいけません。

秘境感があふれて、夏の冒険チックでわくわくしそう!!

メディアでも紹介され、少しずつ知名度が上がってきているので、行くなら今のうち?!

場所:高知県吾川郡いの町清水上分1278
アクセス:高知県いの町から194号線を北上

 

 

まとめ

いかがでしたか。

夏は花火やひまわり・川遊びなどこの時期だからこそ楽しめるイベント・遊びが盛りだくさんですよね。

この日だけ!この時期だけ!というイベントもたくさんあるので、見逃さないように夏を目いっぱい楽しみましょう~。

 

 

 

おすすめの記事

 - 四国観光