香川でおすすめの観光スポット アートな島・直島旅行記

   

日中もだんだんと涼しくなってきて、レジャーにぴったりな季節になりましたね。

ずーーっと行きたいと思いつつもなかなかタイミングがなかった「直島」にようやく行くことができました。

島中がアートで飾られていて、小さいながらも見どころがたくさんある素敵なスポットでした。

今回は、2017年10月に直島を訪れた際の旅行記です。

 

高松からの直島日帰り旅行 スケジュール

まずは1日の大まかなスケジュール。

朝一のフェリーで高松→直島へ渡りました。

<午前>

  • 宮浦港でレンタバイク
  • ベネッセハウス付近のアート作品見学
  • 本村エリア散策(家プロジェクト見学)
  • カフェで玄米ご飯

<午後>

  • 宮浦港付近のアート作品見学
  • 地中美術館見学
  • ベネッセ付近で見逃し作品見学
  • バイクでぐるーっと島一周

最終のフェリーで直島→高松へ

 

朝一のフェリーで高松から直島へ

高松から直島へのフェリーは高松汽船が運行していて、フェリー、高速船とがあります。

今回は8:12高松港発の朝一のフェリーで直島入り。約50分の船旅です。

フェリー内部はとっても新しくて快適。窓もとっても大きいので外の景色が良く見えましたよ。

トイレも綺麗だし、パウダーコーナーもありました。

フェリー内には直島のエリアマップも置いてあっていただいたのですが、エリアの詳細やお食事処の情報も載っていますのでとっても参考になりましたよ。

 

港目の前のT.V.C直島レンタルサービスでレンタルバイクを借りる

直島は小さな島で、しかも島の下半分に観光エリアが密集しています。

主な移動手段は市営のバスかレンタサイクル(バイク)のどちらかがメインになります。

ただリサーチをしたところバスは1時間に1~2本程度で、繁忙期には乗れないこともあるようでなかなか面倒くさそう、坂道が多いのでレンタサイクルだとなかなかしんどそう・・・

ということで、レンタルバイクにしました。

旦那がバイクの免許を持っているので、125CCの小型バイクをレンタル。

前日に電話予約をしました。

私が行った日は当日も空きがあるようでしたが、台数が限られているので予約をしていたほうが無難かと。

 

「T.V.C直島レンタルサービス」という会社を利用したのですが、宮浦港のすぐ目の前にありわかりやすかったですよ。

免許証の提示や書類を記入しさっそく直島旅スタート!!!

 

 

ベネッセハウス付近のアート作品鑑賞

さっそくバイクで最初の目的地へ。

とその前に、港の目の前にある草間彌生さんの作品「赤いかぼちゃ」は人気でフェリーを降りた人ですでにいっぱいになっていたのでスルーして、その港すぐ近くの「直島パヴィリオン」を鑑賞。

真っ白!!!意外と大きくて中にも数人入れちゃうほど。

ささっと写真を撮ってさっそくベネッセハウスを目指しました。

 

宮浦港から西側の急こう配の道を通り、ベネッセハウス付近へ。

まず最初にここに来たのは、直島で一番人気であろうアート作品「南瓜」の写真を撮るためです。

おそらくたくさんの人が写真を撮るので混雑する前に行きたくて最初に行きました。

 

つつじ荘前に駐輪場がありました。

 

駐輪場の目の前に海の目の前に佇む鳥居が。さっそく写真映えしそうなスポットです。

身長よりもちょっと大きいくらいの背の低い鳥居で雰囲気が素敵~。

お地蔵様も海を見つめていました。

 

そして駐輪場からも見えている、一番見たかった「南瓜」へ。

桟橋の先にちょこんと、あちらこちらで見たことのある南瓜が♡♡

 

この作品は写真を撮れる位置が限られているので撮るのになかなか並びます。

朝一だったので数組の写真撮影待ちですんなり行けました。

パシャパシャ。

雲一つないほどの晴天だったので、写真に映える!!イメージ通り、可愛かったです。

 

 

その後はベネッセハウスの売店前のアート作品を鑑賞。

あちこちにアート作品が点在していて、海の前のベンチでさえもはやアート!!ってほどいろんな場所がおしゃれ。

 

 

本村エリアのアート作品(家プロジェクト)鑑賞

今回一番の目的だった「南瓜」を観れて大満足。の後は島の東側にある本村エリアへ。

このあたりは町役場や農協、岡山からの小型船が着岸する本村港など島の中心エリアで、カフェや民宿、古くからの家もたくさんあります。

その家をアート作品として使った「家プロジェクト」というものもあり、共通鑑賞券を購入して全て見てきました。

共通鑑賞券は1030円で、6箇所見学できました。

 

このあたりは狭い路地が多いので役場と農協の間あたりにある駐輪場に停めて徒歩で移動しました。

 

まずは家プロジェクトのひとつ「はいしゃ」。

昔歯医者だった建物をアート作品にしているのですが、外観からしてファンキー。

中は写真が撮れないので紹介できないのが残念なのですが、中はさらにファンキー。

ぜーんぶを黒く塗った部屋や、どどーんと2階まで突き抜けた自由の女神像などぶっ飛んでて面白かった~~。

 

そしてすぐ近くの「碁会所」、「角屋」を見学。

「角屋」は趣ある日本家屋の床にデジタルカウンターを配置していて幻想的な雰囲気。これも面白い。

家プロジェクトの内部は写真撮影ができないので残念。

 

そして護王神社。

社殿の目の前にはガラスの階段があり、これが地下にも繋がっているんです!!

実際に行ってみると「へぇ~なるほど!!」となると思いますよ。

 

次は「南寺」。

ここは安藤忠雄さん設計の建物内にジェームズ・ダレルの作品があるのですが、15分毎の入れ替え制になっています。

11時過ぎに行ってみると12:00の整理券を配布していたので待ち時間にご飯を食べ、12:00の回で鑑賞してきました。

この作品、ある意味一番びっくりするかもしれません。

ぜひ現地に実際に行って体験してください。

 

その後ちょっと離れた「石橋」も見て全作品鑑賞することができたのですが、私が個人的に良かったのは、「はいしゃ」かな~。

私はアートが全然わからない人間なもので・・・。“ベタ”にTHE アート!!って感じでわかりやすくて・・・。笑

 

直島でのランチは玄米が美味しい「あいすなお」

ランチは本村エリアの「あいすなお」さんでいただきました。

こちらでは玄米ランチがいただけ、私は本日のランチプレートをいただきました。

おかずは素材の味を生かしたシンプルな味付けで、玄米はもちもち、ごま塩が疲れた身体に効いて美味しかったです。

主人が食べたにゅうめんはいまいちだったようです・・・。

 

 

宮浦エリアのアート作品鑑賞

ランチと家プロジェクトのアート作品を楽しんだ後は、港付近に戻っていくつかアート作品を鑑賞しました。

 

まずは先ほどあまりいい写真が撮れなかった「直島パヴィリオン」。

人が少なかったので中に入ってパシャパシャと。

青空が透き通って、作品の白と良いコントラストになって素敵に撮れました。

 

 

そして直島エリアマップの表紙にもなっている草間彌生さんの「赤かぼちゃ」。

港からすぐの場所にあり、常に人が多い作品でした。

ただ、これは大きいし、360度どこからでも撮れるので写真を撮りやすい場所でした。

 

中にも入れるんですが、地面がピカピカと光っているんです。

ひょこっと顔を出したり・・・いろんな写真が撮れますよ。

 

そして港から徒歩5分ほどの場所にある直島銭湯「I♡湯」の外観をぱしゃり。

すんごいパンチの効いた外観で可愛かった~。

 

地中美術館で空間アートを堪能

入場料が高かったので予定には入れていなかったのですが、意外と時間が余ってしまったので、せっかくなので「地中美術館」にも行きました。

入場料2060円と少しお高めな美術館なのですが、空間や自然を利用したアート作品が展示されており、直島でも人気の観光スポットです。

 

チケットセンターで入場料を購入。クレジットカードもOKでした。

 

チケットセンターと美術館入口は少し離れた場所にあるのですが、その間には「モネの庭」を模した地中の庭があり色とりどりの花が咲いていました。

 

美術館内部は残念ながら写真を撮ることができません。

ただ、どれもが素晴らしい作品でした。

特に、クロード・モネの絵画も展示されているのですが、全部真っ白な空間にモネの作品5点が飾られているんですが、思わず「うわぁ~~」と声がでるくらい、圧倒される空間でした。

絵画とか美術とか全くわからない人間ですが、ずーっと眺めていたくなるような作品でした。

 

他にも空間と自然光などを利用した作品がほとんどで、多分、日によって見え方が全然違うんだろうと思います。それもまたロマンティックだな~と思いつつ作品を観てました。

どの作品も素敵でしたが、なんせ展示数が少ない!!!

「え、終わり?!」感が強くて、絵画とか芸術とか建築とか全くわからない人間にはちょっともったいない金額だったかな~・・・。

 

 

直島をレンタルバイク一周でアート作品を見尽くす!

さてさて、地中美術館での鑑賞後は、島内の見たい作品は全て見れてたのですが、フェリーの時間まで2時間ほどあったのでまだ観ていなかったアート作品を見ることに。

エリアマップに載っていた「「シップヤード・ワークス 船尾と穴」が気になっていたのですが、朝行ったときには見つけられなかったんです。

google mapで検索してみると・・・車や自転車は乗り入れできない場所にあったので、ベネッセハウスから少し坂を登って徒歩で行ってみました。

10分ほど歩くと・・・

いくつか作品が見えてきた~~!!

そしてさらに進むと、海のすぐ近くに見たかった作品~~~!!

逆光になっていて残念ながらいい写真が撮れなかったのですが、人が少ないビーチだったのでまったりできて癒されました。

 

さてさて、駐輪場に戻ります。

朝一には空いていた「南瓜」もこの時間になると、写真を撮る行列ができてましたよ~。

行列なうえ逆光なので、行くなら朝一がおすすめです!!!

 

行きたいところ、観たい作品は観つくしたので、バイクで最後にぐる~っと回って、バイクを返却。

港には「海の駅」がありお土産がたくさん売っていたのでそこでぶらっと時間をつぶして船に乗りました。

 

 

最終のフェリーで高松へ

今回は、17:00の最終のフェリーに乗りました。

乗り場にはあまりにもたくさんの人が居たので「うわぁ~座れないパターンかな~??」と心配しましたが、全然大丈夫でしたよ。

意外に大きな船でした。

 

18:00過ぎに高松港に到着。

朝9:00に直島に到着して、17:00まで約8時間遊びつくしました~!!

 

 

あまりプランを考えていなくて行ったり来たりで効率が悪かったってのもありますが、レンタサイクルだったらもっと移動時間が掛かると思うので、満喫するなら始発、最終のみっちりコースが良いと思いますよ。

 

あらゆるところにアート作品があって見つけるのが面白いし、風景も綺麗で癒されるし、ほんと楽しかった~~!!

また行きたい!!!と思うくらいでした。

 

おすすめの記事

 - 香川観光