日本のウユニ塩湖?!香川の父母ヶ浜でインスタ映えする写真は撮れるの?

   

死ぬまでに見たい絶景というと、必ずといっていいほど名前が挙がるのが「ウユニ塩湖」。

「天空の鏡」とも呼ばれ、上下が鏡のように映る光景はまさに絶景です。

簡単に行けたらいいのですが、ウユニ塩湖は南米のボリビアにあり、日本からは30時間以上かかります。

大手旅行会社のパッケージツアーなら50万円前後と高額ですし、しかもウユニ塩湖は高所にあるため、高山病にかかったりと行くだけでもなかなか大変なようです。

 

たくさんの人が憧れるウユニ塩湖ですが、そんなウユニ塩湖のような写真が撮れる場所が日本にもあるというんです。

それが、香川県・三豊市の「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」です。

約1キロにも及ぶロングビーチは地方らしい穏やかな海水浴場なのですが、まるでウユニ塩湖のような写真が撮れるとSNSで拡散されてからは、毎日多くの観光客が訪れているようです。

 

インスタで「父母ヶ浜」と検索してみると、なんとも素敵な写真ばかりが挙がってきます。

「え~~、本当??」と半信半疑だったので、実際に行って写真撮影をしてきましたよ!!

 

日本のウユニ塩湖・父母ヶ浜へのアクセス方法

<マイカーでのアクセス>

住所:香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3 父母ヶ浜海水浴場

高松自動車道・さぬき豊中ICまたは三豊鳥坂ICから約20分

 

<公共交通機関でのアクセス>

最寄駅:JR詫間駅よりコミュニティーバス(日曜・祝日は運休)に乗り、父母ヶ浜バス停で下車

 

最寄の詫間駅からはコミュニティーバスが出ていますが、本数が少ない上に、帰りのバスが18:49が最終となっていますので、なかなかアクセスが難しいです。

レンタカーやマイカーがおすすめですが、もし公共交通機関を利用する場合は、駅からタクシーを利用したほうがいいかと思います。

詫間駅から父母ヶ浜までは約6キロで20分ほど、料金は2,000円程度です。

 

 

おすすめの時間帯は日の入り前後30分

父母ヶ浜のある三豊市の観光サイトでも紹介されていますが、とっても素敵な写真が撮れるのは、日の入りの時間帯30分前後。

「日本の夕日百選」にも選ばれている場所で、瀬戸内海に沈む美しい夕日を見ることができます。

 

 

スマホでも絶景写真が撮影できる!

一番いい時間帯は日の入り前後ということで、その時間に合わせて行ってきました。

平日にも関わらず、絶景を求めてたくさんの人で賑わっていました。

 

日の入り直前の風景写真。

これだけでもとっても素敵。

でも、人が入るとさらに素敵な写真が撮れちゃいます。

 

ウユニ塩湖のような写真を撮るには潮だまりを利用して撮影するので、まずは大きな潮だまりの前を確保。

干潮前後にはこーんなかんじで潮だまりがあちこちにできています。

 

さっそく撮影します。

 

おっ、良い感じ~~!!

 

2人で撮りたいね~と話していたところ、近くにいた方が撮影をしてくれることに・・・♡

 

パシャパシャと。

風があると水面が波立ってしまって、ウユニ塩湖のような写真は撮れません。

 

波が収まるのと、人が途切れるのを待って・・・

 

かなりいいかんじじゃないですか??

 

頑張ってジャンプもしてみました。

水面に綺麗に反射していて、本当にウユニ塩湖のような写真が撮れました。

 

これ、i phone8で、NO加工です。

 

写真を撮ってくれた方が自分の一眼レフでも撮影してくれました。

その写真がこちら。

すっばらしい!!とっても綺麗!!素敵な写真をありがとうございました。

 

 

写真撮影に必死になっちゃいますが、こんなに素敵な風景が見れますよ。

ちょうど四国から引っ越すタイミングだったので、目に焼き付けました。

 

絶景写真を撮るコツは??

本家のウユニ塩湖ももちろんそうですが、自然相手なので常に絶景写真が撮れるわけではありません。

父母ヶ浜でウユニ塩湖のような絶景写真が撮れる条件としては、

  • 干潮のタイミング
  • 風がなく水面が波立たない時
  • おすすめの時間帯は日の入り前後30分のマジックアワー

だそうです。

曇っていてもなかなかいい写真は撮れないでしょうし、こればっかりは運ですよね。

 

上手く写真を撮るコツとしては、

  • 大きな潮だまりを利用する
  • 砂浜ギリギリから姿勢を低くして撮影
  • 傘などの小物を利用する

と良い写真が撮れますよ。

 

写真好きな人が多いので、近くにいる人と撮り合いっこするといいと思いますが、三脚を持っていくのもいいかも。

 

 

 

あと、砂浜なので、ビーチサンダルや長靴と、タオルの持参をおすすめします。

かなりの確率で、濡れます。

 

 

まとめ

日本のウユニ塩湖と呼ばれていて注目のスポット、香川の「父母ヶ浜」は、スマホでさえ素敵な写真が撮れるほどの絶景スポットでした。

ただ、絶景写真を撮るには干潮と日の入り時刻が重なることや、風のないことなどいくつかの条件がありますので、上手いことタイミングを見つけなくてはいけません。

うまい具合のタイミングであればスマホであっても感動するような絶景写真が撮れますよ!

日本のウユニ塩湖はとっても素敵な場所でした。

 

おすすめの記事

 - 香川観光