SNSにアップしたい!女子旅におすすめの四国の観光スポット

   

四国は瀬戸内海の新鮮な魚をメインとするグルメや日本有数の温泉地、まるで外国のような絵になる観光スポットなど意外と知られていない魅力が満載なんです!

グルメ、観光、癒し、ショッピングなどやりたいことがたくさんある女性にとっては嬉しいですよね。

そこで今回は女子旅におすすめの四国の観光スポットをご紹介したいと思います。

 

道後温泉

四国といえば、やっぱり道後温泉!!

日本最古の温泉といわれており、「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったと言われている道後温泉本館はどっしりとした佇まいで情緒があります。

建物は明治時代に建てられたもので浴槽は小さくて入浴者が多いのでゆっくりできる雰囲気ではないのですが、国の重要文化財の建物で温泉に入るのは特別な体験です。

泉質はアルカリ性単純泉で無色透明の少しとろっとしたお湯は美容にも効果ありなので女性におすすめ。

2階は休憩室になっており、温泉につかった後にオリジナルの浴衣で坊ちゃん団子を食べて寛ぐのも最高ですよ。

DSC06806

 

 

小豆島オリーブ公園

高松からフェリーで1時間ほどの場所にある、瀬戸内海に浮かぶ小豆島は観光スポットがたくさん。

干潮の時だけ道が現れて島へと渡れる「エンジェルロード」や紅葉が見事な「寒霞渓」など素敵なスポットがたくさんあるのですが、特におすすめなのが、小豆島オリーブ公園です。

小豆島は温暖な気候で日本有数のオリーブの産地なんです。

オリーブ公園ではたくさんのオリーブの木が生っていて、売店では様々なオリーブ商品が売っていてお土産にもいいんです。

公園内には真っ白な風車がありまるで外国のような風景が写真撮影にもピッタリですよ。

olive-park

 

 

大塚国際美術館

徳島県にある大塚国際美術館は、なんと展示されている1,000点余りもの絵画がすべて陶板で作られたレプリカなんです!!

「モナ・リザ」や「ヴィーナスの誕生」、ゴッホの「ひまわり」など誰もが知っている名画を原寸大で観ることができるんです。

中でもバチカンのシスティーナ礼拝堂の天井画・壁画は圧巻です。

値段は前売り券が3,100円とお高めなのですが、世界中の名画がこの美術館1つで観れると思ったらお得だと思いませんか?

地下2階から地上3階、約4キロもある巨大な施設なので美術品好きであれば1日あっても足りないくらいで、テーマごとに無料ガイドもあるので見ごたえがありますよ。

otuka

 

 

直島

瀬戸内海にある直島はアートな島でSNSにアップしたくなるような絵になるスポットが多い島です。

島の景観をそこなわないように設計された地中美術館や草間彌生さん作品のかぼちゃのモニュメントなどのアート作品が楽しめます。

車だと20分ほどで1周できるほど小さな島で人口も少ないのんび~りとした島なのでアート作品を観ながらぶらぶらとお散歩するのも非日常を感じられていいですよ。

sdim0166

 

 

 生口島・耕山寺の「未来心の丘」

愛媛県・今治市と広島県・尾道市を結んでいる「しまなみ海道」は日本有数のサイクリングスポットとして人気で、しまなみ海道で結ばれた6つの島々はそれぞれ個性があって見どころがいっぱいあるのですが、女子旅で特におすすめなのは、しまなみ海道のちょうど中間あたりに位置している生口島にある耕山寺。

国の有形文化財に登録されていて色鮮やかな建造物が異国っぽい雰囲気を醸し出しているのですが、おすすめは真っ白な大理石でできた「未来心の丘」という庭園。

イタリアから運ばれた大理石によって作られた庭園はあたり一面真っ白な世界が広がり、まるで外国のよう。ぱしゃぱしゃと何枚でも写真を撮りたくなるスポットです。

ここから見る瀬戸内海も美しくて気持ちがいいですよ。

dsc06389

 

 

うさぎだらけの島 大久野島

こちらは住所は広島県なのですが、愛媛県からもアクセスができるので紹介させてもらいますね。

さきほどもご紹介したしまなみ海道の「大三島」からフェリーで10分ちょっとで行ける「大久野島」は周囲4キロのとっても小さな島なのですが、島内にはなんと700匹以上ものうさぎがいるんです!!

動物好きにはたまらない島ですよね~。

ウサギはエサを持っていると追っかけてきたりと人間にもとっても慣れていて、愛くるしい姿を見せてくれます。

こちらの島、毒ガス工場があった島で、資料館や毒ガス工場跡地も見ることができる、他にはなかなかない島なので、気になった方はぜひ。

okuno

 

 

まとめ

今回は女子旅におすすめの四国の観光スポットをご紹介してみました。

観光地としてはなかなかスポットライトが当たりにくい四国ですが、年中温暖な気候は観光しやすくて絵になるような風景がたくさん楽しめる場所なんです。

四国旅行を検討されている方はぜひ参考にしてくださいね。

 

 

おすすめの記事

 - 四国観光