【ラスベガス・ディズニー旅行】準備編 日帰りグランドキャニオンツアー選び

   

ラスベガス滞在3日間のうち、1日はグランドキャニオンに行きます。

ラスベガスからグランドキャニオンへは東京⇔大阪間くらいの距離があるのですが、なんせ3日間なので宿泊はせずに日帰りツアーに参加します。

日帰りツアーでの移動はバスかセスナかどちらかになります。

どちらもメリット・デメリットがあるのでとっても悩みました。

そして悩んだうえに私たちが今回決めたツアーについてと、安く参加する方法もご紹介したいと思います。

 

グランドキャニオンへ安く行くならバスツアー

ラスベガスからグランドキャニオン(国立公園に指定されているサウスリム)へは約450キロ。バスで約5時間もの場所にあります。

たくさんのツアー会社が運行しており、早朝にラスベガスを出発して夜にラスベガスに帰ってくる王道のツアーや、夕日を鑑賞するツアー、VIPバスを利用するプレミアムツアーなど様々なプランがあるので、こだわりがある場合にはバスツアーのほうが良いプランが見つかるかもしれません。

グランドキャニオンバスツアーのメリット

1.値段が安い

バスツアーの一番のメリットは値段が安いこと。

日本語対応のツアーだと大体180$ほどというツアーが多いです。もしも英語はばっちり!という人であれば英語ガイドのツアーにも参加できると思いますが、英語ガイドのツアーだとさらに安いです。

 

2.ルート66を観光できる

バスで行くツアーの場合、「ルート66」ゆかりの地に立ち寄ります。

カーズのモデルとなった地でもあり、ラスベガスでは感じることのできない“古き良き時代のアメリカ”を感じることができるところも魅力のようです。

 

3.移動時間に仮眠が取れる

眠らない街と言われているラスベガスでは寝不足になりがち。

移動時間が片道5時間もあるので、バスでも寝れるという人にとってはいい仮眠時間になると思います。

バスで仮眠を取ってスッキリすると、ツアー後も夜のラスベガスを存分に楽しめますよね。

 

4.催行中止ということがほとんどない

飛行機でのツアーの場合、時々天候不良によって飛行機が飛ばないということもあるようで、その場合には催行中止となります。

しかしバスツアーの場合はよほど悪天候でない限りは中止になることがないので、スケジュールが崩れるという心配もありません。

 

グランドキャニオンバスツアーのデメリット

1.移動時間が掛かるのでほぼ1日潰れる

片道5時間、往復10時間の長旅なので、6:00頃に集合するツアーでもラスベガス帰着時間は20:00頃。

ほぼ1日潰れちゃうので、ラスベガス滞在時間が短い旅行者にとっては大きいデメリットです。

 

 

時間がないならグランドキャニオン飛行機ツアー

バスツアー以外であれば、ラスベガスから飛行機で行くツアーもあります。

以前はビジョン航空という大手のツアー会社があったようですが、現在は運行していないようで、シーニック航空一択になります。

飛行機の出発が6時台、9時台、12時台と選べますが、それ以外は自由が効かないのがネック。

しかし、フライト時間約45分~1時間、所要時間が9時間ほどなので、時間を短縮したい方は飛行機ツアーがいいでしょう。

 

グランドキャニオン飛行機ツアーのメリット

1.所要時間が短い

ほぼ1日拘束されてしまうバスツアーと違い、所要時間(ホテルお迎え~ホテル送迎)が約9時間。

もし早朝6:00台のフライトであれば14:00頃にはラスベガスに戻ってこれるので、その後も十分に観光やショッピングを楽しめます。

 

2.空からもグランドキャニオンを楽しめる

シーニック航空のセスナ機は機体の上に翼が付いているので翼が邪魔になるということがなく、窓がとっても大きいので空からのグランドキャニオンの景色を楽しむことができます。

また、世界最大のフーバーダムやミード湖の上も通過するので、アメリカの雄大さを空の上から鑑賞できるのも魅力だと思います。

 

グランドキャニオン飛行機ツアーのデメリット

1.飛行機が揺れることがある

セスナ機は十数人乗りのとっても小さな機体なので、天候によっては大きく揺れることがあり、乗り物に弱い人は酔い止めが必須です。

酔ってしまうとその後の観光をなかなか楽しめないので、一番の心配ポイントだと思います。

 

2.値段が高い

シーニック航空のグランドキャニオンツアーは369$。

40,000円弱で現地滞在時間数時間と考えると安くない金額ですよね。

バスツアーだと半額程度に抑えられるので、この半日をどう考えるか・・・というところだと思います。

 

3.天候不良による催行中止も?!

雨がほとんどなく比較的気候が安定しているラスベガスですが、まれに霧などによって飛行機が飛ばない場合があるようです。

その場合、空きがあれば翌日以降のツアーに振り替えたりもしてくれるようですが、大幅にスケジュールが崩れてしまうこともありますよね。

 

 

 

今回はシーニック航空の飛行機ツアーに決めました!

当初は乗り物酔いが怖いのと値段が高いのとで、バスツアーに参加しようかと思ってました。

バスツアーの中で一番いいな~と思ったのが、ネバダ観光サービスの「グランドキャニオン国立公園日帰り観光ツアー リムトレイル&ルート66の街を早回り!」というツアー。

早朝6:00頃にホテルピックアップ、お昼過ぎにグランドキャニオンに到着して20:00頃ラスベガスに帰るというツアーが多い中、このツアーは5:00頃にホテルピックアップ、お昼を軽食で時間短縮することで、18:00頃にはラスベガスに戻ってこれるので、時間がない人にはピッタリ。

しかし、月・木・土のみの催行でスケジュールが合わずに断念。

 

他のツアーだとラスベガスでの観光時間が全然取れないので、今回はシーニック航空の飛行機でのツアーに決めました。

 

グランドキャニオン日帰りツアーを安く予約する方法

ツアーの予約は、シーニック航空の公式HPから出来ますし、それ以外にも私が予約しているANAハローツアーのオプションとしても予約できます。

また、JTBやHISなど大手の旅行会社からも予約ができ、値段はどこもほとんど変わりなかったです。

 

しかし現地オプショナルツアーサイト大手の「ベルトラ」を見てみると、、、セールでお安くなっている~~!!

シーニック航空の公式HPでは369$だったのが、ベルトラだと299$!!

ひとり70$もお安く予約ができましたよ。

 

早割などでちょこちょこ安くなっていることもありますし、たまにモニターツアーなどでビックリするくらいの価格で面白い内容のツアーが出ていたりするので、海外旅行を検討している方は要チェックですよ!



他にもショーの代行予約やラスベガス市内観光などたくさんのオプショナルプランが他のサイトよりも格安であり、予約方法もとっても簡単だったので、ポチッと気軽にオプション予約したい方にはおすすめです。

 

 

飛行機で行くグランドキャニオンツアーのレポや感想はまた旅行の後にご紹介しますね。

おすすめの記事

 - 2017 ラスベガス&カリフォルニアディズニー旅行