山口の絶景! 元乃隅稲荷神社のアクセスや駐車場は?

   

山口旅行で一番楽しみにしていたスポットが、SNSでも自慢できる、写真映えする絶景スポット「元乃隅稲荷神社」です。

期待していた通り、とっても綺麗で素敵なスポットでした。

ただ、山口の端っこにあって主要な都市から遠いうえに、神社付近の道は狭くて行くまでの道のりがなかなか大変でした。

 

そこで今回は、元乃隅稲荷神社へのアクセスと、駐車場情報をご紹介したいと思います。

 

100m以上鳥居が並ぶ景色が圧巻!

元乃隅稲荷神社は、海に向かって100m以上朱色の鳥居がずら~っと並ぶ景色がまさに絶景で、「日本で最も美しい場所31」に選ばれたスポットです。

真っ青な海と朱色の鳥居のコントラストは写真映えし、他では観ることのできない素敵な光景です。

 

また、境内には約5mもの巨大な鳥居があり、その上部にお賽銭箱が設置されているんです。「日本一入れにくいお賽銭箱」と言われており、なかなか入れるのが難しく、入れることができたら願い事が叶うんだとか。

山口に行ったら欠かせない素晴らしい絶景スポットだと思いますよ。

 

元乃隅稲荷神社までのアクセス

元乃隅稲荷神社へはバス・列車でのアクセスはなかなか難しいので、自家用車やレンタカーでのアクセスが主になります。

私も自家用車で行きましたよ。

<山口市内から>

中国自動車道美祢ICで降り、そこから約60分。所要時間は約1時間30分。

 

<萩方面から>

国道191号をずーーっとまっすぐ。所要時間約1時間。

カーナビで「元乃隅稲荷神社」と入力しても出てきませんでしたが、「龍宮の潮吹」と入力するとたどり着きますよ。

 

県道に入ると、車がすれ違うことができないくらいの細道が続き、前から観光バスが来ようものならぐ~~っとバックして退避しないといけないような道なんです。

神社の手前は混雑回避のために一方通行になっているのでまだ安心なのですが、それまでの道は運転していてもヒヤヒヤものです。

 

駐車場の空車待ちもあり、ゴールデンウィークやお盆などの混雑期には約4時間ほど時間が掛かったということもあるようです。

 

迂回できるような場所もなく、周辺にはコンビニや飲食店などもないので、小さい道に入る前の国道沿いのコンビニなどでトイレは済ませておいた方がいいと思います。

 

 

元乃隅稲荷神社の駐車場は?

元乃隅稲荷神社周辺の道路は一方通行になっているのですが、まずは第2駐車場が先に見えてきます。その後神社のすぐ目の前に第1駐車場があります。

第2駐車場からは約300m、徒歩6分ほどあるのでできれば第1駐車場に停めたいところだと思いますが、大型バスも駐車しており台数も24台ほどしか停められないようなので、連休中や時間帯によっては停めるのがなかなか難しいと思います。

「車が多いな~怪しいな~」と思ったら第2駐車場に停めちゃうのもアリだと思いますよ。

 

私は平日の朝一に行ったので、停まっている車も数台。第1駐車場にすんなり停めることができました。

ただ、私が帰る頃(11時頃)には第1駐車場はほぼ満車になっていたので、土日の午後ならほぼ確実に停められないと思います。

駐車場はどちらも無料で停車することができます。

 

 

元乃隅稲荷神社で混雑回避するには朝一がおすすめ!

私は平日の朝一に行ったのですが、観光ルートとしては角島大橋→元乃隅稲荷神社のほうが効率的でした。

ただ、「元乃隅稲荷神社は道が狭くて混雑する!!」と聞いていたので、ルートを変えて元乃隅稲荷神社を朝一に行きました。

午前10:00頃に到着して、その時間にはまだ人が少なく人があまり写り込まない写真もたくさん撮れましたし、日本一入れにくい賽銭箱も待つことなく、ギャラリーも少なく参拝することができました。

なので、もし観光プランを考えているのであれば、朝一に予定しておくといいと思います。

 

 

まとめ

元乃隅稲荷神社は山口に行ったら絶対に欠かせない絶景スポットですが、バスや電車では困難な場所にあり、車でのアクセスになります。

周辺の道はすれ違えないほど狭い場所も多くてなかなか大変で、駐車場もそれほど大きくなく混雑時は駐車場の空き待ちということもあるかもしれません。

混雑を避けたいなら絶対に朝一で行っといたほうがいいスポットですよ。

さすが、インスタなどで話題になっているだけある、感動するような絶景スポットでした。

 

おすすめの記事

 - 2017年山口旅行