愛媛から大分へマイカーを乗せてフェリーでアクセス

   

愛媛県から大分県に旅行に行ってきましたので、その様子をご紹介したいと思います。

※こちらの記事は2015年2月の旅行記です。

 

愛媛から大分へのアクセス方法

まず大分までのアクセスについてですが、宇和海を隔ててすぐそこなので、フェリーが近くて楽です。

愛媛⇔大分間のフェリーにもいくつか航路があります。

①国道九四フェリー

愛媛最西端の三崎港⇔大分県の佐賀関を結んでいるフェリーで、時間はわずか70分。

そして国道九四フェリーの一番の魅力は料金の安さ。

一般の大人が1,070円、車両は4m(一般的な軽自動車やコンパクトカー)が6,990円、5m(プリウス、ステップワゴン等)が8,700円です。

値段が安く便も多いですが、三崎港までは大洲ICから80分もかかりますし、別府や湯布院までも距離があるのがネック。

 

②宇和島運輸フェリー

愛媛の八幡浜港⇔大分県別府港・臼杵港を結んでいるフェリーです。

八幡浜⇔別府 運行時間が約2時間50分、一般大人が2等クラスで3,100円

八幡浜⇔臼杵 運行時間が約2時間30分、一般大人が2等クラスで2,310円。

値段は国道九四フェリーよりも高いですが、大洲ICから車で約30分と近く、直接別府に到着するので断然楽です。

 

 

愛媛から大分・別府までマイカーで移動

私たちは、大洲ICから三崎港まで車で80分もかかるので運転の負担を考え、宇和島運輸フェリーで行きました。

2月中旬なので雪を心配してスタッドレスタイヤのレンタカーを借りることも考えましたが、暖かい日が続いていて、予報でも雪の心配がなかったのと、走行も少なく規制がかかるような道路は通らない予定だったので、フェリーにマイカーも乗せて行きました。

 

宇和島運輸フェリーでは宿泊パックやテーマパークパックなど、様々なパック商品が販売されていて、お得な金額になっています。

 

私たちはアフリカンサファリに行く予定だったので、アフリカンサファリの入園券とフェリー代がセットになった商品を予約しました。

単品で購入するよりもかなりお得に購入できましたよ。

宇和島運輸フェリーのHPで詳細が見れます。

宇和島運輸フェリー

 

私たちは6:20八幡浜港発⇒9:10別府港着の便を予約。

港についたら係りの人に指示され車を停めます。

そして窓口で乗船受付をして、テーマパークの入園引換券と復路の引換券を受け取りました。

 

フェリー乗り場のすぐ近くに道の駅のようなお土産屋さんやレストランがありますが、その時間にはまだ開いていなかったので、時間までは車で待機です。

 

そして、係りの人に誘導されて乗船し、車を停めたら乗客は客室に移動します。

 

宇和島運輸フェリー 船内をご紹介

このフェリー、就航したばかりなのでピカピカ!とっても綺麗でした。

 

トイレもピカピカ。

キッズルームやミニゲームコーナーもあって、快適に過ごせそうです。

 

私たちが乗った2等客室です。

広々としていて、テレビもいくつか設置されているので暇つぶしになります。

あと、枕があったので仮眠が取れてありがたかったです。

 

一つ不便だと思ったのは、コンセントがほとんど見当たらなかったこと。

運行時間が短い(3時間弱)なので困りませんでしたが、パソコンやスマホが長時間使えないのは困ります。

 

 

小さな売店もあってお土産や雑誌、軽食も売ってましたがイマイチ食べたいと思うようなものがなく・・・

菓子パンやホットドッグなどが売っていればいいけどなぁ~・・・と思いました。

 

 

運行状況モニター。

あと、チラシやパンフレットが設置されていて、観光施設の割引券などもありましたので、チェックしてもいいかもしれません。

 

そんなこんなであっとゆーまに別府港に到着しました。

 

船酔いするあたしですが、ほとんど揺れずに酔うこともありませんでしたよ。

とっても快適な船旅でした。

おすすめの記事

 - 2015年別府・湯布院旅行